ダイエット 通販

断食ダイエットのデメリット

断食ダイエットのデメリットについて調べてみました。

 

断食ダイエットはリバウンドのリスクが極めて高く、ダイエット後の食事が非常に重要です。

 

断食ダイエットは断食期間中はほとんどものを食べないため、体内のエネルギーが足りなくなります。

 

できるだけエネルギーの無駄遣いをしないようにするのです。

 

食べ物を食べないので体重は徐々に落ちていきますが、体はエネルギーを体内に貯えようとする為、基礎代謝も減ってしまうのです。

 

そのため、数日間の断食ダイエットにとり組んだ直後、省エネ状態にある体に普段通りの食事を摂ると、そのエネルギーは蓄積分に回されるのです。

 

体重も元に戻りやすい状態になってしまいます。

 

断食によるダイエットは体重を順調に減らすことができますが、戻るのも早いダイエットといえます。

 

もう一つ断食ダイエットでのデメリットは、生半可な知識でやると髪が抜ける、肌が荒れる、女性の場合は生理が止まる可能性があるということです。

 

2日〜3日の断食だとしても、その間は極端に栄養の供給状態が悪くなるわけですから、体内の栄養が不十分になることもあります。

 

数日間程度の断食で死ぬようなことはまずありませんが、それでも体への影響は全くないということはなく、負荷がかかる行為であることは知っておくべきです。

 

断食を実行する前に、起こりえることや調べておくべきことなど、きちんと準備を整えることが大事です。

 

スポンサードリンク